一重まぶたから二重まぶたにするための整形手術や鼻を高くするためのヒアルロン酸注射など、美容整形についてのブログ

本気で肌の老化と戦う!アラフォーのエイジングケア方法

年齢を重ねると、お肌もどうしても若い頃のようにはいかないもの。そこで、何かしらのお肌のアンチエイジングケアをしていますか? と質問したところ、ほぼ全員「イエス」と回答。意外にも、エステでなく自宅でケアをしているメンバーが多かった。今からでも遅くはない!メンバーたちの声を参考にしてみて。

「毎日シートパックをする。自分の年代にあった化粧品をつかう」(りえこさん)「リフトアップ化粧品を使用し、常にマッサージをしながらスキンケアをする」(かりんこさん)「毎晩美顔器(ホットスチーマー)は欠かしません。月に一度の岩盤浴と温泉でお肌に潤いをあたえています」(箱入り熟女さん)など、自宅ケアで多かったのは、エイジングケア用の化粧品を使用すること。少しお値段が高くてもお肌のために投資している。また、「肉体改造として、筋肉をつけるパーソナルトレーニングに週2回通っている」(たかこさん)と、食べ物や運動などで身体の内側からケアするメンバーも見られた。エステや美容整形などもいいけど、日々の積み重ねが大事!ほとんどのメンバーが、忙しいながらも自宅でのケアを徹底していることがわかった。

美肌は、健やかなる身体に宿るもの。未来のキレイのために健康美容ドック!

資生堂とクリニックがタッグを組んで健康美容ドックをスタート
GINZA HOSPITAL ×SHISEIDO
銀座医院 健康美容ドック
現代社会は酸化や老化を加速させる糖化など、大人の女性の敵だらけ……。そんな中、「抗加齢医療」という新しい分野で資生堂とクリニックが提携。独自の美容ドック(肌測定)と抗加齢ドック(採血・採尿含む)が合体した一石二鳥の健康美容ドック(検査約110分、結果&アドバイス約60分¥50,000)をスタート。後日、医師による面談、スキンケアや食事の指導まであり。未来のキレイのためのさまざまなアドバイスをもらえます。

スキンケア+下地で内側からにじみ出るツヤと透明感を

忙しい朝でも時短で美肌になれて、夜まで清潔感をキープ。中野明美さんが提案するのは、これまでにないきれいがかなう”セミマット肌”。そのためのベースはどうつくる?

☆働くアラフォーの夢を叶える最旬ベースメイク”セミマット肌”はどう作る?
中野明海さん
ヘア&メイクアップアーティスト。大人の女性の素の美しさを引き出す洗練度の高いメイクで、多くの女優やアーティストがご指名。特に、エイジレスな肌づくりには定評あり。既成概念にとらわれないメイク術で、簡単なのに驚くほどきれいな肌に
☆スキンケア&下地で、内側から にじみ出るツヤと透明感を
大人のツヤは、メイクでのせるのでなく、スキンケアと下地時点で仕込んでおくのが正解。オイルは洗顔直後や化粧水の後、1 ~ 2 滴の量を肌を包み込むようになじませて。下地はパールひと粒大の量を、薄く顔全体にのばす。

1】内側からのうるおいは、オイルで補給
●セミマットな肌こそ、うるおい仕込みが肝心。肌をリペアしながら包み込む美容液オイル。忙しい朝でもスッとなじむ。クレ・ド・ポー ボーテ ユイルレパラトゥリス 75㎖ ¥14,000/資生堂インターナショナル

●エイジングケア効果の高いローズヒップオイルが肌にハリと弾力をもたらす。サラッとしてベタつかない。クナイプビオ オイル ローズ 20㎖¥500/クナイプジャパン 
●極上のオーガニックヒマワリオイルとバラエキスが肌をいきいきと目覚めさせる。フェイスオイル エスケーピオン 30㎖¥11,000/HACCI 
●クランベリー シード オイルの効果でうるおいを補いながらバリア機能をサポート。スマート トリートメント オイル 30㎖¥8,000/クリニーク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする